監査役制度

海外における監査役制度の周知に向けて

(1)監査役等の英文呼称

監査役制度について海外から正しい理解を得られるよう、日本監査役協会では監査役等の英文呼称につき、以下を推奨しています。

 監査役  Audit & Supervisory Board Member
 監査役会 Audit & Supervisory Board

※本推奨呼称は平成24年8月、英文呼称検討諮問会議(議長:西村あさひ法律事務所弁護士 武井一浩)からの答申を受け、理事会で承認を得たものです。
「監査役等の英文呼称について(答申書)」

※※本推奨呼称の採用状況につきましては、以下をご覧ください。
「新たな監査役等の英文呼称の採用会社に関する調査結果」(2013年11月25日)
「監査役の英文呼称の採用状況に関するアンケート調査結果」(2015年11月5日)

(2)英文資料

海外において監査役制度の説明をする際には、以下の英文資料をご活用ください。
「監査役制度説明資料」("Explanatory Memorandum on the Audit & Supervisory Board Members")
「監査役の理念」「日本監査役協会の理念」
「監査役制度説明資料」(簡易版ppt資料)
("THE AUDIT & SUPERVISORY BOARD MEMBERS:A BRIEF INTRODUCTION")

その他海外監査チェックリスト等は以下の電子図書館に掲載しています。
電子図書館「海外関連」

(3)実態紹介

【グローバル監査役】
ソフトバンク㈱常勤監査役 佐野光生「監査役制度の説明実態~監査役制度説明資料を活用して~」
(「月刊監査役」2014年5月号(№627))(PDF)

キリンホールディングス㈱常勤監査役 鈴庄一喜「海外において監査が受け容れられる土壌づくり」
(「月刊監査役」2014年9月号(№631))(PDF)

・オムロン㈱常勤監査役 川島時夫「海外で伝える監査役の役割~記憶に残る工夫を凝らして~」
(「月刊監査役」2015年3月号(№638))(PDF)

(4)協会の海外訪問及び関係団体との交流の歴史

協会の海外訪問及び関係団体との交流の歴史(PDF)

※協会の英語版事業案内はこちらをご覧ください

このページのトップへ