研修会/講演会

研修会(中部支部)

リスクマネジメント講座「内部通報制度の最新事情と有効活用-近時の企業不祥事例から学ぶことは何か-」

この研修会は終了しました。

日時
  • 2019年3月11日(月)13:00~16:30
講師
弁護士 山口 利昭 氏(山口利昭法律事務所)
講座内容

<講座内容> (下記内容は予定のため、若干変わることがあります。)
Ⅰ 監査役等は企業不祥事とどう向き合うべきか
 ・不祥事予防の視点
 ・不祥事発見の視点
 ・有事対応の視点
 ・監査役等が不祥事に向き合うときに一番大切なこと

Ⅱ 内部通報制度を有効活用するための処方箋
 ・内部通報制度を取り巻く経営環境の変化  
 ・社員はなぜ内部通報制度を活用するのか
 ・窓口はなぜ通報へ適切に反応できるのか  
 ・調査スコープの適正性
 ・なぜ監査役等は不祥事例から学ばなければならないのか

Ⅲ 事例研究(具体的な設問から考える)
 1 グループ経営管理と監査役等(グループ内部通報制度の運用)
 2 労務コンプライアンス(ハラスメント、働き方改革法関連事案)
 3 内部告発への対応、リニエンシー制度の活用等(経済法関連事案)
 4 経営トップの不正と内部通報(金商法関連、会社法関連事案)
 5 通報や告発への監査役等の対応と善管注意義務(公益通報者保護法関連事案)
 6 内部通報に基づく社内調査と件外調査の必要(品質偽装事案)
 7 企業統治改革と内部通報制度(地銀事案、自動車会社事案等を参考に)


会場
ミッドランドスクエア 5階「ミッドランドホール」
名古屋市中村区名駅4-7-1
052-527-8500
受講料
会員:5700円 会員会社以外の方:14000 円
定員
200名
会員へのご案内
2月 8日(金)発送済
他支部での開催
  • 関西支部
  • 九州支部
  • 本部

このページのトップへ