ニュース

お知らせ2015年3月19日

シンポジウム「日本のコーポレート・ガバナンスのこれからを考える」が開催されました

平成27年3月11日、イイノホール(東京都千代田区)において、日本経済新聞社主催のシンポジウム「日本のコーポレートガバナンスのこれからを考える」が開催されました。(日本監査役協会 特別協賛)

当日のプログラムは以下のとおりです。 

●オープニング:「OECDコーポレートガバナンス原則の日本へのインプリケーション」
    玉木 林太郎 氏(OECD《経済協力開発機構》事務次長)

●基調講演:「危機を乗り越え取り組んだ我が社のガバナンス改革」
    槍田 松瑩 氏(三井物産取締役会長)

●パネルディスカッション①: 「変革を迫られる日本企業のコーポレートガバナンス」
  <パネリスト>
    内田 章 氏 (経団連 経済法規委員会コーポレート・ガバナンス部会長《東レ常務取締役》)
    大場 昭義 氏 (東京海上アセットマネジメント代表取締役)
    小口 俊朗 氏 (ガバナンス・フォー・オーナーズ・ジャパン代表取締役)
    静 正樹 氏 (東京証券取引所取締役常務執行役員)
  <モデレーター>
    神田 秀樹 氏 (東京大学大学院法学政治学研究科教授) 

●パネルディスカッション②:「日本のコーポレートガバナンスの実態と各機関の役割」
  <パネリスト>
    一丸 陽一郎 氏(日本監査役協会副会長《トヨタ自動車常勤監査役》)
    川本 裕子 氏 (早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授)
    佐久間 総一郎 氏(経団連 経済法規委員会企画部会長《新日鐵住金代表取締役副社長》)
    富永 誠一 氏 (日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク《CGネット》専務理事)
    藤田 純孝 氏(日本CFO協会理事長)
    森 公高 氏 (日本公認会計士協会会長)
  <モデレーター>
    神田 秀樹 氏 (東京大学大学院法学政治学研究科教授)

  ※3月26日(木)の日本経済新聞朝刊32・33面に本シンポジウムの採録が掲載されております。

このページのトップへ