ニュース

お知らせ2011年12月 9日

最近の企業不祥事について

 各 位

公益社団法人日本監査役協会

  最近の一連の企業不祥事を受け、日本企業の企業統治に対する内外の評価は大変厳しいものとなっており、企業統治の一翼を担う監査役に対する評価も一段と厳しくなっています。監査役が本来期待される職務を果たしていなかったことは明らかであり、当協会としても大変遺憾に存じます。

 経営陣に対する監査が監査役の職務であり、健全な懐疑心を持ちながら、時に経営者と対峙するだけの覚悟を持ち職務を全うすることが監査役に課せられた使命であります。一連の不祥事を見ますと、監査役がそれだけの覚悟を持って職務に当たっていたかについては疑問を感じざるを得ません。監査役は、良質な企業統治体制を確立する責務を負っており、いかなる状況下にあっても公正不偏にして毅然とした態度でその職務を果たさなければなりません。

 多くの監査役及び監査委員の方々は期待されている職責を十分に果たしていると確信しておりますが、会員の方々には、今回の一連の不祥事を機に、このような不祥事が今後決して起きないよう、今一度自らの責務を謙虚に振り返るとともに引き続き実効性ある監査に努め、監査活動のより一層の充実を図ることを要請しています。当協会と致しましても、一連の不祥事を更に調査分析し、再発防止のための提言等、積極的な活動を行っていく所存です。

以 上

関連資料

当協会会員宛て通知 pdfダウンロード

このページのトップへ